お互いの協力が必須となるフランチャイズ

加盟店は本部の経営理念を理解しなければならない

フランチャイズの加盟店からすれば、本部の経営理念をまずは理解しなければなりません。
決して独立開業をするわけではなく、あくまでもフランチャイズチェーン店として経営するわけですから、本部から指示があればしっかりと従い、対価となるロイヤリティーも支払う必要があります。

本部は加盟店をサポートしなければならない

一方で本部からすれば、加盟店にノウハウや経営スキルを伝えるのはもちろんですが、宣伝や商品開発、サービスの改良や施策を行い、加盟店が普段の業務に専念できる環境を作る必要があります。

本部は本部の、加盟店は加盟店のするべきことをやれば、効率的にビジネスを進めることができるのです。

日本を代表するフランチャイズ業界

日本には、たくさんのフランチャイズチェーンのお店が存在しています。それぐらい、日本でもフランチャイズ化はどんどん進んでいるわけです。

skie6

代表とも言えるコンビニや飲食業界

日本フランチャイズ業界の中でも、その代表とも言えるのがコンビニや飲食業界でしょう。
日本には至るところにコンビニがありますし、居酒屋やファーストフード店やファミリーレストランなど、そういったフランチャイズチェーン店も至る場所に存在するわけです。

好きなコンビニランキング

市民にとってはとても便利な存在

例えば、ちょっと飲み物やお菓子が欲しくなった時に、すぐそばにコンビニがあればいつでも買うことができます。
また、友達同士や会社仲間で飲みたいと思った時に、近くに居酒屋があれば気軽に飲みに行くことができます。
お昼を食べたいと思った時に、いろんな場所にファーストフード店やファミリーレストランがあれば、ランチに困ることもありません。
このように、フランチャイズのお店というのは、市民にとって非常に便利な存在なのです。

なぜ成功することができたのか

これらのフランチャイズチェーンは、なぜ成功することができたのでしょうか。
もちろん、人材育成、ノウハウの構築、商品開発の工夫、顧客第一の経営など、いろんな要素を重要視したことも成功した大きな要因だと言えるでしょう。
しかしそれ以上に、閉鎖的で変化を嫌う傾向にある日本で、積極的な事業拡大に挑戦したことが、何よりも大きな成功を導いたと言えます。

あえて伝統を壊すことも必要

今までの日本は、伝統を重視したり、職人が心を込めて作ることに美徳を感じていました。
しかし、それだけでは人々のニーズに応えることはできないのえ、あえて伝統を壊すことにも挑戦をしたわけです。
大事な伝統は残しつつも、悪しき伝統は積極的に壊すことも、今の時代に適応するためには大事なことなのです。

コンビニオーナーから、サラリーマンへ。

フランチャイズの向き不向きについて

業種、経営方針、ビジネスモデルなどによって、フランチャイズに向いている場合もあれば、不向きの場合もあるのです。フランチャイズが不向きな業態にも関わらず、無理に事業を拡大してしまうと、結果的に大きな損失を招いてしまう可能性もあるのです。

品質を重視するケース

skie9

例えば、たくさんの商品を大量に製造するよりも、少数でも品質を重視するようなケースでは、フランチャイズに向いているとは言い難いです。
品質を重視するとなれば、当然ですが職人の確保も必要となりますし、事業を拡大しても採算が合う可能性は低いのです。

独自性を重視するケース

既存のノウハウやシステムを運営するよりも、新たに独自なノウハウを考えるなど、独自性を重視するケースも、フランチャイズには不向きだと言えます。
独立開業をする場合には向いていますが、少なくともフランチャイズとは真逆の考えなのです。

コンブチャおすすめ飲み方口コミランキング

大衆向けよりも地域密着重視

フランチャイズチェーンでも、地域密着を重視している店舗はたくさんあります。

skie8

ただ、それでもフランチャイズである以上は、ある程度は大衆向けであることが前提となります。
したがって、極端に地域密着を重視する場合は、フランチャイズにはあまり適していないと言えるのです。

もちろん経営者によっても左右される

もちろんフランチャイズが不向きかどうかは、経営者によっても左右されます。
フランチャイズには不向きと思われるビジネスモデルでも、経営者の取り組みによってフランチャイズ化に成功したケースもあります。
したがって、どういった考え方でビジネスモデルに取り組むかも、フランチャイズを成功させる大きな鍵となるのです。

与えられたノウハウをどう活かせるか

フランチャイズシステムでは、まず必ず本部から加盟店に対して、様々なノウハウを提供することになります。
加盟店としては、そのノウハウをどう活かせるかが重要になってくるのです。

ただノウハウを利用するだけでは成功しない

例えば、本部からノウハウを提供されたとしても、それが加盟店でも全てのシチュエーションで通用するとは限らないのです。
立地条件、顧客層、経営方針によって、どういったサービスを提供すればいいかは違ってくるわけです。
したがって、ノウハウをベースにしつつも、それをいかに工夫したりひと捻りできるかが、加盟店として成功するためには重要になってくるのです。

 

独自性を強調しすぎてもいけない

ただ、あくまでもフランチャイズチェーンとして経営をしているわけですから、あまりにノウハウから逸した経営や、独自性を強調しすぎたサービスもNGなのです。
それをやってしまうと、大きなトラブルにも繋がりかねないので、そのあたりのバランスも考えないといけないのです。

【おすすめサイト一覧】

フランチャイズチェーン協会

妊活葉酸サプリ口コミ人気おすすめ

FC企業一覧

フランチャイズ比較ネットで独立開業!日本最大級のFC募集情報サイト